快眠枕でしっかり睡眠をとり健康に生活しましょう。

2011年08月08日

安眠のために必要な要素

医師が長年の経験で考案した安眠お医者さんのぐっすりまくら




安眠とは、毎回くどいほど言ってますが、姿勢からといわれます。それは単に寝相が

悪いとかでわなく姿勢のことです。本来、人は立っている姿勢が一番自然といわれてます。

安眠の妨げになるのが合ってない枕、いわゆる高さ、硬さなどがあってないものですが

それをお医者さんが考案したがお医者さんのぐっすり枕です。どうしても寝ると首、肩

への負担がかかります。があっていないとこの首 肩に負担がかかり安眠できません。

今回のはその首、肩への負担を和らげ、安眠へと誘います。そして長年研究し睡眠

メカニズムを解明されつくられた安眠枕です。

睡眠とはレム睡眠とノンレム睡眠があり、最初の90分が最も深い眠りノンレム睡眠にはいると

言われそれ以上の深いノンレム睡眠には達しないとのことです。ですから最初のこの90分の眠り

が起きるときの爽快さが関わっているといっても過言ではありません。

まず安眠のために今回のには、低反発ウレタンを使用したネックパッドがついています。

これは首の付け根からしっかり支え頚椎の自然なカーブを保ちます。

そして横向きになってもの両サイドに適度な弾力を持たせたウレタンを使用してますので

頚椎への圧迫を防ぎ首、肩への負担を軽減します。

仰向けに寝る時には中央部に低反発を使用。頭圧を分散し頭の形に合わせ程よく沈む

設計してます。そして頚椎部分にはトルマリン、チタンを配合してありより快適な睡眠を促すようにくふうされてます。

やはり寝るときに疲れをしっかりとり、次の日に疲れを残さないようするには日頃のこういった


日常生活品の中にも取り入れれば毎日の生活の手助けになるのではないでしょうか。

  
「お医者さんのぐっすりまくら」
posted by 快眠枕ナビゲーター at 12:57 | TrackBack(0) | お医者さんのぐっすり枕とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。